ウェスタンレッドシダーとは

MENU

ウェスタンレッドシダーとは

基本的にウッドデッキは単純な造りをしているため、
DIYが趣味という方なら一から一人で作ることも不可能ではありません。
もちろん専門業者に依頼して設置してもらうこともでき、
自分が望む形のウッドデッキを設置することができますが、
ウッドデッキを設置する際は、どんな木材を使うかもあわせて考えてみましょう。
 

 

ウッドデッキは様々な木材を使って作ることができますが、
その中でも特に人気を集めているのがウェスタンレッドシダーです。
ウェスタンレッドシダーは米杉とも呼ばれており、
非常にウッドデッキに向いていると言われる木材の一種です。
特徴としては腐りにくく、シロアリなどが避ける防虫効果が強いという点が挙げられており、
野ざらしになるウッドデッキにぴったりの素材として親しまれています。
更に軽量で加工性にも優れており、長期間使い続けても変形が少ないので、
修繕作業を行う回数を少なくすることもできます。
他にも香りが良かったり、価格が安かったりするなどの特徴があり、様々な業者で使われています。

 

ウェスタンレッドシダーを使う際に気を付けるポイントとしては、
強度が少し低いため強い衝撃を受けることで破損する可能性が考えられる事です。
さらに加工段階で使われた木によって色にばらつきが生まれることがあるので、
見た目の統一感を出すのが難しいタイプの木材でもあるのです。
塗装しても木の色の差が激しいと色むらが出ることがあるので、
見た目も徹底したいという方は他の木材を使ったほうが良いかもしれません。