セランガンバツについて

MENU

セランガンバツについて

「ウッドデッキの木材選びで、迷っている」という方もいると思います。

 

業者にウッドデッキの施工依頼をする際には、
どういった木材を使用するかも自分たちで決めることが出来ますから、
「どの木材を選んだら、後々後悔しないだろうか?」と思っている方もいるでしょう。
 
では、ウッドデッキに用いられる木材のひとつ、
セランガンバツにについてご紹介しましょう。

 

セランガンバツには、フタバガキ科の木となっており、
インドネシアやマレーシアが原産地となっています。

 

セランガンバツにの特長としては、強度が高く、
摩耗性などにも優れているという点が上げられます。

 

「強度や耐久性は重視して木材を選びたいけれど、出来れば手頃な価格の物を選びたい」と考えている方も多いと思いますが、
セランガンバツにであればどちらも叶えることが出来るでしょう。

 

セランガンバツにであれば、
比較的リーズナブルな価格で設置することが出来ますし、
強度や耐久性を守ることも出来ますからね。

 

また、シロアリなどにも強いですし、
菌などにも強い木材となっていますから、心配も少ないでしょう。

 

しかし、セランガンバツにには安定性に劣りがあり、
施工後に割れが出てしまったり、曲がりなどが出てしまう可能性があります。

 

しかし、ウッドデッキ使用に使用が出てしまう程の変化とはならないでしょう。

 

「費用を抑えて、ウッドデッキを設置したい」と考えている方にとっては、
理想的な木材といえます。

 

このように、ウッドデッキの木材としては、
セランガンバツといった木材もありますので、検討してみると良いですよ。