ウリン材について

MENU

ウリン材について

「ウッドデッキを設置する際には、出来るだけ強度の良い木材を選びたい」と考えている方も多いと思います。
ウッドデッキ設置後は、お子さんと一緒に遊んだり、
ペットを遊ばせたりすることもあるでしょうから、
やはり強度というのは重要ですよね。

 

そんな方にとっては、
「強度の高い木材って、どういったものなのだろう?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
 
では、そんな方におすすめのウッドデッキの木材のひとつ、
ウリン材についてご紹介しましょう。

 

ウリン材は、クスノキ科の木材となっており、
非常に強度が高いと言われている木材なんですよ。
既に、共事業実績なども多いため、安心して使用出来る木材となっています。

 

ウリン材は、インドネシアやマレーシアなどが原産地となっていますが、
現地では100年耐える木と言われており、耐久性も高いんですよ。

 

日本では、ウッドデッキだけではなく、
遊歩道や公園、屋上ガーデンなどにも使用されている木材となっており、
信頼出来る木材となっています。

 

ウッドデッキを設置する際には、「シロアリが心配」という方も多いと思いますが、
ウリン材はシロアリに侵されないという特徴もあるんですよ。

 

強度も耐久性も高く、シロアリの心配もないとなると、
「ウリン材を選びたい」と思われる方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、ウリン材は輸入制限があるため、
供給量が安定していないというデメリットもあります。
そのため費用が高くなってしまう可能性があるでしょう。

 

ウッドデッキの木材には、様々な木材が用いられることになりますが、
ウリン材は様々なメリットから選ぶ方が多い木材となっています。