ウッドデッキの様々な木材の種類

MENU

人工木について

「家に解放感を作るために、ウッドデッキを設置したい」
と考えている方もいると思います。

 

しかし、ウッドデッキとなると雨風などにさらされる場所となりますから、
「どういった木材を選んだら良いのだろうか?」と思っている方もいるでしょう。

 

ウッドデッキを設置する際には、
「耐久性を重視したい」「手入れを重視したい」とそれぞれの希望があるでしょうから、
木材の特長なども知っておく必要がありますよね。

 

では、ウッドデッキに用いられる木材のひとつ、
人工木についてご紹介しましょう。

 

ウッドデッキというと、自然の木を用いたものをイメージする方が多いと思いますが、
中には人工木を用いたウッドデッキもあるんですよ。

 

人工木の特徴としては、
一定色で設置できるという点が上げられます。

 

また、シロアリなどに強いという特徴がありますから、
戸建ての方で「シロアリが不安」と感じている方にとっては、
安心出来る木材と言えるでしょう。

 

中には、リサイクル可能なものもあり、
保証期間としてはメーカーによって1年前後となっています。

 

施工後の感度としては、足音が大きくなってしまうというデメリットがあります。
マンションの方で、お子さんがいる方の場合には足音などが気になるかもしれませんね。

 

人工木の将来性としては、
競争激化により今後価格が下がる可能性があるため、
リーズナブルな価格での設置が叶うかもしれません。

 

このように、ウッドデッキを設置する際には
人工木を用いたウッドデッキを設置することも出来ます。
メリット、デメリットを考えて選んでいくと良いですよ。
 

天然木について

「ウッドデッキを設置したい」と考えている方の多くは、
「自然のぬくもりを感じられる木材を選びたい」と考えている方も多いと思います。

 

やはり、木というのはぬくもりを感じることが出来ますから、
ウッドデッキを設置する際には
「天然木を使用したい」と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

では、ウッドデッキに使用する天然木についてご紹介しましょう。

 

まず、天然木となると
「どのくらいの耐久性があるのだろう?」と気になる方が多いと思います。
ウッドデッキは、雨や風などにさらされてしまいますから、
「数年で、ダメになってしまうのでは?」と心配になる方も多いでしょう。

 

実は、天然木の場合には木の種類によって
10年から30年以上持つと言われているんですよ。

 

「そんなに、耐久性があるんだ」と驚かれる方もいるかもしれませんね。
天然木の場合には、1年から5年程度で色合いが変化してきますので、
この変化もまた楽しむことが出来るでしょう。

 

木材を使用して設置することになりますから、
それぞれの形や大きさに合わせて加工することが出来るのも、
天然木のメリットといえるかもしれませんね。

 

デメリットとしては、価格の変動が激しいということ。
その時々の環境によっては、かなり割高となってしまうこともあるでしょう。

 

また、天然木ですから材質によっては、ねじれが出てしまったり、
割れなどが起きてしまうこともあります。

 

このように、ウッドデッキを設置する際には天然木を希望する方も多いと思いますが、
メリットとデメリット理解した上で選んでいくことが必要となります。
このウッドデッキ業者では数多くの事例を見ることが出来るので、実際の設置した場合色合いをイメージし易いものとなっています。
どういった天然木を選ぶかによっても変わってきますから、
業者の方に相談しながら選んでいくと良いですよ。

更新履歴